inoyo.com
MENU
アクセスカウンタ
今日 : 6
昨日 : 67
今週 : 397
今月 : 1072
総計 : 307809
RSS
検索
ふりかけカテゴリー
国際保健/開発:国際保健や開発に関して私なりの論を展開しています。
フィールドノートから:フィールドでの試行錯誤。
FYI:興味深いイベントを紹介!
ツレヅレ:書評、映画評、ツレヅレと。
ツレヅレ : ゴリラに思う
投稿者: inoyo 投稿日時: 2005-3-25 22:20:00 (748 ヒット)

今日は上野動物園に久しぶりに行きました。
動物園自体に行くのが久々のことだったので、とても新鮮でしたし、
実は動物園というところが大変面白いことであったことに気がつかされました。

飼育されている動物の観察が面白いのはもちろんですが、
そこになされている説明も同時に興味深いものでした。
また、歩く道々にも様々な工夫がしてあって、
楽しみました。

今までは遠い異国の地から来たそれらの動物に対して、
それこそ「つれてこられて可哀想」といったような哀れみの気持ちですとか、
ある種のエキゾチシズムを感じていましたが、今回は少しばかり異なりました。
ゴリラの生息地として列挙されていた中には、
なんと第三の故郷(笑)、カメルーンの文字が。

勝手にですが、ゴリラに対して親近感を持ってしまいました。
そして、カメルーンがとても近くなりました。
ただ、同時にすごいところに行くんだな、としみじみ思ってしまいました。

でも、どこに行くかということはあんまり大切なことではなく、
私が一番忘れてはいけないことは、その場所に生きる人と同じ目線に立って、
(難しいことなので、少なくとも、同じ目線に立とうとすることを忘れ続けずに、)
同じように生活をしようと努めることです。
一番してはいけないことは、日本での生活との比較の中で
カメルーンの生活を評価することです。
絶対に、とけ込みます。

そんな風に決意を固めながら、上野の森を歩いたのでした。

印刷用ページ このニュースを友達に送る