inoyo.com
MENU
アクセスカウンタ
今日 : 11
昨日 : 24
今週 : 94
今月 : 646
総計 : 303718
RSS
検索
ふりかけカテゴリー
国際保健/開発:国際保健や開発に関して私なりの論を展開しています。
フィールドノートから:フィールドでの試行錯誤。
FYI:興味深いイベントを紹介!
ツレヅレ:書評、映画評、ツレヅレと。
国際保健/開発 : ホテルルワンダから
投稿者: inoyo 投稿日時: 2006-1-29 8:09:00 (819 ヒット)

世界の人々は、あの映像を見て
怖いねというだけで、
ディナーを続ける――
これは、映画「ホテル・ルワンダ」の1シーン。ルワンダの虐殺シーンを取材したカメラマンの台詞だ。

ホテルに宿泊していたカメラマンの一人は、虐殺シーンを取材してきた。この映像を見れば、必ず助けが来ると思ったルワンダ人の主人公に対し、彼は、酒に酔いながら悔しそうに言った。

世界の人々は、あの映像を見て怖いねというだけで、ディナーを続ける――

今の(大多数の)先進国の人たちの姿勢を端的にあらわしていると思う。そしてホワイトバンドが、これを助長するだけのものにならなければいい、そう思う。

「貧困? 知ってる、知ってる、かわいそうだよね。」
「かれら」も幸せになれればいいのにね。」
「よかったね。私たちは、こういう世界に生まれて。」
「幸せって、こういうのを見たときに実感するよね。」

本当にそれでいいのだろうか。一歩先へ。
もし、貧困を撲滅する必要を感じているのなら。

印刷用ページ このニュースを友達に送る