inoyo.com
MENU
アクセスカウンタ
今日 : 6
昨日 : 30
今週 : 6
今月 : 558
総計 : 303630
RSS
検索
ふりかけカテゴリー
国際保健/開発:国際保健や開発に関して私なりの論を展開しています。
フィールドノートから:フィールドでの試行錯誤。
FYI:興味深いイベントを紹介!
ツレヅレ:書評、映画評、ツレヅレと。
国際保健/開発 : この世界のどこかで
投稿者: inoyo 投稿日時: 2005-11-21 8:26:00 (800 ヒット)

私が今働いているNGOの写真展が、12月2日より、目黒駅駅ビル“アトレ”の6Fで行なわれます。1月15日までです。大変小規模ですが、入場料は無料ですので、ぜひどうぞ。

貧困をテーマに、皆さんに感じていただきたいことをしっかり表現したつもりです。

貧困問題を語るときに、大切なのは、ネガティブなイメージだけを投影することではなく、そこに生きる人と、ここに暮らす私たちがつながっていることを感じていただくことだと思っています。

それが、私がカメルーンで暮らしたあとにえた、
ひとつの答えでした。

もちろん、悲惨な状況があるのは事実だし、それを矮小化するのは間違っているけど、大切なのは、そういった状況においても、人は生きようとしていること。未来を見ているということです。

それをしっかりとあらわしたいと思っています。

って、ここまで読んでくださった方は、おわかりになったかと思いますが、この私が写真展の企画をおこないました。

カメルーンで感じたこと、少しずつ出していくつもりです。

印刷用ページ このニュースを友達に送る